保湿の方法|お肌の乾燥が気になる方は、保湿効果のある化粧水がおすすめ
横顔

美容情報局

メディプラスゲルの効果とおすすめの使い方とは

保湿の方法

ウーマン

メディプラスゲルについて

メディプラスゲルとは、美容成分がたっぷりと入ったゲルタイプの美容液です。メディプラスゲルには68種類の成分が入っており、そのうち62種類が美容成分になっています。どれも安全な成分で、美容効果の高い成分が使用されています。

安心して使える美容液

メディプラスゲルにはたくさんの美容成分が入っています。その中の成分で、グリセリンというものがあります。グリセリンは、非常に保湿効果のある天然成分で、抗アレルギー作用もあります。ですので、敏感肌の方やアトピーの方も安心して使用することができます。

肌の角質層まで浸透する成分が入っている

メディプラスゲルには、人の肌の角質層に含まれる成分と同じ天然の保湿成分を含んでいます。肌の角質層まで浸透するので、とても高い保湿効果を得る事ができます。保湿をしっかりすることでもちもちと弾力のあるお肌を手に入れることができるでしょう。

まだまだ乾燥が気になる方は

メディプラスゲルは、乾燥した肌を保湿するという効果がありますが、顔に塗るだけでは思うように保湿してくれない場合もあります。メディプラスゲルをたっぷり塗ってもまだ乾燥が気になってしまうという方におすすめの保湿方法を5つご紹介します。

メディプラスゲルの効果を高める使い方

マッサージするように

メディプラスゲルは、1回に2~3プッシュして使用します。顔全体に広げてから、マッサージをするようになじませていくとしっかりと肌の内側まで潤いを与え、保湿することができます。

もう1プッシュが大きなカギ

特に乾燥が気になる方は、寝る前のお肌のお手入れの際に、通常の3プッシュにプラスしてもう1プッシュしてみることをおすすめします。この1プッシュをすることにより、更に保湿効果が高まります。

手で肌を温める

重ねて1プッシュプラスした後は、最後に顔を手で覆い、手の温度で温めながらメディプラスゲルの成分をゆっくり浸透させていきます。しっかりと浸透させることにより、さらに保湿効果が高まるので、この手で覆って肌を温める方法はおすすめです。

ラップを使用する

重ね付けや手の温度で浸透させても乾燥が気になる部分があるという方は、ラップを使用してみてはいかがでしょうか。メディプラスゲルを塗った後、乾燥が気になる部分にラップを10分ほど乗せることで、シワの目立つ目元や、ほうれい線など、お肌をしっとりさせることができます。

フェイスシートを使用する

メディプラスゲルを顔に塗った後、水で濡らしたフェイスシートを15分ほどお肌に被せます。このフェイスシートは100円ショップなどにも売っているので、低コストで試すこともでき、気軽に使用できて便利なのでとてもおすすめの方法です。