横顔

美容情報局

化粧水で保湿が間に合わない場合にするべきこと

肌の潤いを取り戻す

レディ

正しいスキンケア方法を学ぼう

保湿効果のある化粧水を使用したいと思う方や、すでに化粧水を使用している方などでも、お肌の乾燥が気になるという方は少なくないのではないでしょうか。化粧水選びや、肌のお手入れを間違っていてはなかなか理想のお肌を手に入れることはできません。そのため、正しいスキンケア方法を学ぶことをおすすめします。

お肌の乾燥の原因とは?

お肌が乾燥してしまう原因はさまざまです。季節的な乾燥や慢性化してしまった乾燥など、それぞれことなる原因が存在します。その原因についてランキング形式で詳しくご説明していきます。

お肌が乾燥してしまう原因BEST3

no.1

季節による乾燥

第1位は「季節による乾燥」です。外に出かける際にも顔はほとんど外の空気に触れ続けています。夏場はそれほど乾燥してはいませんが、冬の外気はとても冷たく乾燥しているため、お肌にも影響を与えてしまうので注意が必要です。

no.2

クーラーによる乾燥

第2位は「クーラーによる乾燥」です。夏はそれほど乾燥しない季節だと思われがちですが、そういうわけでもないので注意が必要です。夏は暑いので、室内にいる場合はクーラーにあたる機会も多くなることでしょう。そのクーラーが乾燥の原因になるのです。クーラーをかけることで、部屋の空気が乾燥し、それによりお肌の水分も奪われてしまうのです。

no.3

乱れた生活習慣による乾燥

第3位は「乱れた生活習慣よる乾燥」です。睡眠不足や偏った食生活をすることにより、生活習慣が乱れることでお肌の状態も悪くなっていきます。バランスの取れた食事ができず、しっかりと睡眠をとれていないと、お肌が再生されにくくなり老けてしまったり乾燥してしまう恐れがあるので、しっかりと正しい生活をおくることが重要です。

保湿しても乾燥してしまう方は

化粧水などでしっかり保湿を行っても、間違った洗顔やその他のお手入れをしていると、お肌はどうしても乾燥してしまう可能性が大きくなってしまいます。その乾燥の原因を防ぐためにも、気をつけておきたいポイントを3点ご紹介します。

乾燥を防ぐためのポイント

洗顔はぬるま湯で

洗顔する際に、熱いお湯で洗ってしまうと、余分な皮脂だけでなく、必要な皮脂まで流れていってしまいます。そのため、あまり熱すぎるお湯は使わずにぬるま湯程度の温度で洗顔することをおすすめします。

乳液やクリームを使う

洗顔後は、化粧水で保湿を行うと思いますが、更に乳液やクリームを使用しましょう。メディプラスゲルのような美容成分が多く入ったオールインワンゲルもおすすめです。また、ビタミンc誘導体も美肌を保つための効果があるのでおすすめの化粧品です。

こすらないように洗う

洗顔の際にこすってしまうと、その摩擦で乾燥を引き起こしてしまう恐れがあります。また、タオルで拭くときや保湿化粧水などをつけるときもこすってはいけません。普段何気なく目をこすったりすることもあると思いますが、そうやってお肌に触れてしまうことでもお肌の乾燥に繋がってしまうので気をつけることが大切です。